正しい歯周病予防とは

歯周病になってしまった場合の治療方法とは

歯周病の進行具合とその治療

軽度な状態としては、歯肉炎があげられます。
歯ぐきの色が悪い方やさわってみて張りがなくプヨプヨしている方、歯磨きの際に血が出てしまうという方は要注意です。
これは歯磨き方法の改善で治る場合もありますので、歯医者さんに相談してみましょう。

次は歯磨きの際やものを噛んだ時に軽い痛みがあるような、軽い歯周炎です。
よく聞く、歯周ポケットの部分に歯石がたまって傷みが生じる事です。
歯石をとってもらう事で歯周ポケットはなくなりますので、定期的に歯医者さんでお掃除をしてもらうようにしましょう。

ここからは、病気の部類に入ってくるような歯周炎となります。
明らかに歯ぐきが晴れていたり、傷みや口臭がでてきたりもします。
歯の周りの組織の再生が必要になったり、重度の炎症の場合は歯を抜いてお隣の歯が病気になるのを防がなくてはならない場合も出てきてしまいます。

身体全体に及ぼす歯周病の影響とは

歯周病は口の中だけの問題ではありません。
この細菌が、血管から身体の中に入ってしまうという事態も起きかねないのです。

その場合どのような問題が考えられるのでしょうか。
まず一つめは、心臓の病気です。
血は心臓に運ばれますよね。
心臓の血管や内膜などにとりついて悪いさをすることで、狭心症や心筋梗塞になる危険性が出てきます。
二つめは、血管そのものの病気です。
血管に菌が入り込むことで、血の流れを悪くします。
そうなると狭心症や心筋梗塞、脳卒中という血管が壊れる病気が発生するリスクがあります。
三つめは、糖尿病の方です。
糖尿病患者の方が使用する、インスリンが効きにくくなり状態が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

また、妊娠中の方が歯周病になると子宮の収縮や胎児の成長に影響する可能性があげられる為、早産などのリスクが高まる可能性があります。


この記事をシェアする