正しい歯周病予防とは

歯周病の原因とその予防方法

35歳を過ぎたら注意

歯ぐきが炎症をおこしてしまう歯肉炎はひどくなると歯周病へつながります。
この歯肉炎の患者さんも含めると、なんと35歳以上の日本人の8割以上が歯周病の原因をかかえているということになるそうです。
それほど、世界的に見ても患者数の多い歯周病なのですが、いったいどのような病気なのでしょうか。

歯周病とは、細菌による感染症です。
歯のまわりにある組織に歯周病菌が感染して歯ぐきが膿んでしまったりという歯肉炎、歯を支えている骨自体が溶けたりという歯周炎という病気になるのです。
この歯肉炎と歯周炎、両方とも歯周病です。

軽い状態であれば、歯医者さんの指導のもと歯磨きなどの改善によって回復させる事も可能ですが、慢性化した重度になると歯が抜けるなどの危険性もでてくるようです。

歯周病のメカニズム

歯の内側というのは、実際見ることはできません。
ですが、歯の根っこの部分と歯をささえる骨の間には、歯根膜という線維がつながっていることで歯をしっかり支えてくれています。
虫歯とは違って、歯の周りが病気になり、最終的には歯をなくしてしまうことにつながります。

歯周病は細菌感染による病気というお話はしましたが、この細菌はプラークという汚れのようなものに住んでいます。
このプラークが固まった状態を歯石というのですが、よく歯医者さんで歯石をとってもらう方も多いと思います。

歯周病になるメカニズムとしては、加齢や遺伝といった元からあるものもありますが、現在の環境が原因となる場合も多くあります。
喫煙やストレス、食生活なども一因となりうるので、お口の中の環境を清潔に整えているつもりでも、他の外的な原因で病気が進行してしまうことが考えられる為、注意が必要です。


この記事をシェアする